ブログ > 事業報告 > 第46回 中村学園大学懇親会報告

第46回 中村学園大学懇親会報告

第46回中村学園大学同窓会 懇親会報告書

平成27年6月14日(日)正午からホテルニューオータニ博多 の間にて、会員234名、来賓34名、学友自治会3名の過去最多271名のご参加をいただき開催致しました。
オープニングは、中村理事長を先頭に来賓お一人方ずつ紹介しながら入場されると 会場内の会員が盛大な拍手でお迎えし、会場全体なごやかな雰囲気で始まりました。髙木会長の挨拶の後中村量一理事長、甲斐学長からお言葉を頂戴しました。引き続き中野栄養科学部長のご発声で乾杯した後小田総料理長からお料理の説明をしていただき、いよいよ楽しい歓談に入りました。
今年は中村学園大学開学50周年であり、1期生は古希を迎えられます。参加された1期生の皆様には当番幹事さんからささやかな記念品が手渡され、まだまだ元気いっぱいの姿に後輩の私も思わず微笑んでしまいました。
イベントでは中村学園大学学生サークルの「バトン同好会」(昨年、バトントワーリング全国大会で優秀賞、同窓会からは学生支援奨学金を授与)が、若さあふれるすばらしい演技で会場を盛り上げてくれました。
クロージングでは今年還暦を迎える代表幹事の10期生全員がステージに上がり、参加者からあたたかな拍手の祝福を受け、原崎実行委員長からは感謝のことばが述べられました。つづいて、次回の代表幹事、11期生(学籍75)がステージに上がり、代表の75N土師直子さんから次回 第47回懇親会(平成28年6月12日(日) ホテルセントラーザ博多)のお知らせを元気にアピールしていただき、来年の懇親会も大いに盛り上がりそうな期待が感じられました。
学園歌斉唱では笠井名誉教授の指揮のもと、会場全員で ♪ちくーしのあおーぞらー~と声を合わせ大合唱しました。歌い終わった同窓生からは“ひさしぶり”“懐かしい思い出が浮かぶ”などと喜びの言葉があちこちで聞かれました。
万歳三唱は相良教育学部長のご発声で全員元気に唱和し\(^o^)/、副会長の北原勉からの閉会のことばで無事に終了致しました。

今回の懇親会は“同窓生や恩師とゆっくりと会話を楽しむ”をテーマにし、それに沿った流れを作ってみました。
やはり同窓生が集まれば不思議と学生の時にもどってしまう、それぞれのテーブルで笑顔とおしゃべりの花が咲き、とても楽しそうでした。
今回参加された皆さまにとってこの会での出会いが、自分の生き方に何かを見出し、新たな一歩となるような有意義で思い出深い懇親会になったと感じていただければ大変うれしく思います。
最後に、懇親会の開催にあたり、ご協力いただきました、代表・当番幹事、代議員、同窓会役員、ホテル関係者、そして美味しい抹茶のケーキ(参加記念品)を制作して頂いた中村製菓専門学校の皆さまに心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
   
                                                               事務局長  石井善光(6N)

山河会求人情報
中村学園同窓会FACEBOOK
学園法人中村学園
バナー掲載ご希望の方へ